作り手紹介

craftsman

作り手紹介

craftsman

日本の食卓を支える農業。
ものづくりに向き合うクラフトマンたちをご紹介します。

歴史と団結の上にある、
日本一の玉ねぎ農場。

北見市二頃の玉ねぎ生産者

米森  淳史 さん

北見の玉ねぎ生産は、約100年前に始まったと言われていて、私の家は本家の代も含め3代、玉ねぎ生産は40年以上になります。今は生産量が日本一ですが、地域で玉ねぎ生産が始まったころはゼロからのスタート、他の山地を目標にして皆で切磋琢磨し、ここまでの生産地に育ちました。
川の氾濫やひょう害といった自然災害も本当に脅威で、共済などが整備されていない時代は農業を続けること自体ままならなくなることも数多くありましたが、地域の農家の助け合いもあり、さらに生産組織も大きくなることで日本一の生産地になりました。

品質面でまず意識していることは、安全、安心を含め、消費者の方々に認めてもらえるものづくりです。味はもちろんですが、見た目の美しさも含め、消費者の皆さんに選ばれるものづくりができるようになるまでは本当に大変な道のりでした。最近は機械化も進み、効率的な作業は生産量増加だけではなく、時期や育成状況に合わせた最適な作業を可能にし、品質向上にも結びき、また、品質を支えるのは生産現場だけでなく、品種にも大きく関わっています。長い歴史のなかで培われた品種と、より美味しく、いいものを作りたい、という地域の生産者の意思が、全国の消費者に選ばれるものづくりに結びついています。
このような改善は一農家だけではなく、地域全体の農家が協力して成し得るものです。今でも講習会を開いたり、最新の栽培技術や新たな病害虫などの知識を皆で共有することで、品質を高める努力を続けています。これまでの歴史の中でもそうですが、地域の連携によって、困難を乗り越えより良いものを作ることができるのです。

tamanegi01
tamanegi02

北見の玉ねぎは生産量が日本一で、全国どこに行っても美味しく食べられることは当然になっていますが、昔はうまく仕上がらないものや腐敗も多かったんです。
そのような中で築き上げられた、ぎゅっと玉締まりのいい北見の玉ねぎ。 水分量が少なく、ぎゅっと実の締まった玉ねぎは、生で食べると辛みが強いのですが、本来持っている甘みが実はとても高いんです。加熱すると辛みがなくなり、甘さだけが残ってほっくりと甘く、しかも水分量がすくないので、加熱していく中でもべたっとなりにくい、まさに調理した時にこそ美味しく食べられる玉ねぎなのです。家庭ではもちろんですが、ぜひ日本一の北見玉ねぎを、北見市内の飲食店でも味わってほしいですね。

食べる人を喜ばせたい、
この地域の農業の姿。

オホーツクJA 青年部

米森  弘 さん

今、私の畑では畑作4品(じゃがいも、ビート、小麦、豆類)を中心に農業をやっています。
この地では輪作の技術が発達していますが、土の性格は場所によって違いがあり、性格を見極めて異なる作物を毎年入れ替えて植えていきます。輪作をしていると、植えられた植物が、「久々にきた!」といって、喜んで見える時があります。そういう時は、作物が元気に美味しく育ちます。

土と作物を元気に育てるのはもちろんですが、作物ごとの栽培技術も大事です。例えば、じゃがいもは培土という土を盛って、その培土の中ですくすく育つ環境をつくるのですが、土が硬くなると育ちにくくなるので、できるだけ土が柔らかいときに培土を盛ってあげます。
農業は、いろいろな作業を丁寧にすることが重要ですが、作業に時間がかかってしまっては他の作業が滞ってしまいます。丁寧 さや迅速な作業も含めて栽培技術は進歩しており、培土も早く均一に盛っていくことが出来るようになりました。
また機械化によって、作業効率が上がることで、写真を解析してピンポイントで肥料を撒いたりと、様々なことに目が行き届き、さらに精度を上げた生産管理 ができるようになりました。

jagaimo01
jagaimo02

農業大生産地である北見の農家は、皆切磋琢磨しながら美味しいもの、良いものを作る努力を重ね、作物を全国に送り出していますが、手軽に食べられる野菜や品種など、産地だからこそ味わえる美味しさもあるので、ぜひ北見の農業の風景を見てもらって、ここで食べて、北見の農業の素晴らしさを知ってもらいたいです。
また、北見から出荷される作物は、生産者、流通業者などたくさんの人の努力で全国の食を支えていますが、そうやってたくさんの人の胃袋を満たしているという実感が何よりも嬉しくて、幸せなことです。私は北見市街地から少し離れた農村地域で農業をやっていますが、農業が地域そのものを作っていると感じます。農業がなければ、まち自体がなくなってしまう地域もたくさんありますし、農業がまちを支えていると思っています。たくさんの人に喜んでもらえるだけでなく、自分たちがまちを作っている、そんな実感と喜びがある職業なので、たくさんの人に農業に関心を持ってもらいたいですね。

牛のストレスを軽減し、
美味しい牛乳を。

置戸町の酪農農家

野里  智也 さん

曽祖父から続く酪農の家系で、私も18歳から家業の酪農を始めました。牛舎での仕事から畑での牧草の生産まで、たくさんの仕事がありますが、父に叱られながら身につけていきました。もともとは牛一頭一頭を牛舎の中でつないで管理する「つなぎ」の方法で生産していましたが、一年前からは牛舎で牛が自由に活動しストレスを軽減できる、「フリーストール式」に転換しました。

生産の方式を変更したのには、いくつかの背景がありますが、特に重要なのはITを活かした生産の「合理化と効率化」です。より良い生乳を安定して生産するためには、良い餌を与え、ストレスのない環境で健康に牛を育てることが重要ですが、牛舎の中で自由に動き回るこの様式はストレスを大幅に減らせるものの、個々の牛の健康状態をきちんと把握することがとても大変でした。
現在はITのシステムにより、牛の健康状態をデータ化し管理することができます。その他にも搾乳や餌やりなど、ロボットを導入することで作業を効率化することができ、空いた時間を他のことに使うことができるようになりました。何より牛が喜び、健康な状態で生乳を生産できるようになりました。
美味しい牛乳を生産するためには、牛をストレスなく、健康な状態で育てていくことはもちろん、与える餌も重要です。特に、牧草は刈り取りの時期が重要で、一ヶ月牧草の収穫時期が変わるだけで最終的な餌の品質は大きく変わってしまいます。刈り取りの時期をずらしながらでも良い餌を与えられるよう、生産する牧草の種類を変え、最も良い刈り取りのタイミングをコントロールするなどの工夫をしています。
また、最近ではサイレージと言われる、牧草を乳酸発酵させた餌も与えてますが、サイレージ生産においては、しっかりと「踏み込み」を行うことで、できる限り空気の流入を抑え、不純物が入らない中でしっかりと乳酸発酵させるなど、注意深く生産しています。

nozatosan-2
nozatosan-3
nozatosan-4
nozatosan-5

酪農は一般的にとても重労働だと言われており、実際に決して楽な仕事ではありませんが、機械化によってその内容は変化してきました。以前は、牛の健康状態を把握するためには、一頭一頭目視をして管理する必要があり、搾乳や餌やりも全て手作業と、行き届いた管理をしていくためには多くの時間と集中力が必要で、時間がいくらあっても足りないといった現状でした。
人手による作業から機械化されたことで、省力化が図れた一方でより俯瞰的に牛の状態を管理したり、今まで行き届かなかった生産の改善を進めることができたことによって、牛乳の品質を高めるができています。
機械に任せるところは任せ、機械にはできない仕事を手仕事として手をかけることで、より良い生産ができるようになります。実際に新しい牛舎においても、ロボットの搾乳と相性の悪い牛については手作業で搾乳し、機械による管理と手作業で補完しています。
牛は本当に繊細な生き物なので、温度の違いだけでも大きなストレスになることもあります。できる限り単純な作業は機械化し、本来考え手間をかけるべきところに時間かけることで生乳自体の品質が向上します。
これからも、良質な飼料を生産し、いかに牛がストレスなく過ごせるかを考え、手間をかけることが私の仕事と思っていますし、それが牛乳の美味しさにつながると信じています。

繋がりを大切に、
地域のブランドを高める。

置戸町の輪作農家

有馬 慎吾 さん

大学卒業後一般企業に就職をしたのですが、農業を営む家族の姿や、今後の家業のことを考え、一年で退職し、農業を始めました。農業は大変というイメージはありましたが、実際に働いてみると農家は百姓と言われている通り、様々な仕事やたくさんの技術を身につける必要があります。仕事は大変ですが、冬は農作業自体は基本的には休みでメリハリとやりがいがある仕事と感じています。就農から11年目になり、来年には経営の継承を受ける予定です。

現在は、小麦、ビート(甜菜)、芋の畑作3品の他、大豆や置戸特産のヤーコンも生産しています。
その中で意識していることは土作りです。土は作物の品質はもちろん、大雨や台風などがあっても土が流出しにくくなるなど、生産の基盤になるものです。いかに肥沃な土をつくるかが大事で、作物を転用してつくる緑肥や、酪農家とも連携してつくる堆肥を豊富に使うことを意識しています。緑肥や堆肥の使い方や作り方も農家によって様々ですが、この地域は畜種の農家と耕種の農家が同等の戸数があり、堆肥の供給面では非常に強い結びつきがあります。
私たちは収穫後の小麦を酪農家に提供し、酪農家からは堆肥を提供してもらうというサイクルで、安定的にたくさんの堆肥を土に混ぜ込むことができます。
また、輪作体系をとることで、病害虫や雑草の発生を抑制し、土壌が長持ちし安定的な生産ができる取り組みを行っています
。緑肥や堆肥づくり、輪作の計画や施肥設計など、一つ一つの作業は地味かもしれませんが、積み上げていくことで大きな違いになります。同じ面積でも、1.5倍程生産量の差が出ることもあります。
恵まれた環境だからこそできる土作りや日々の積み重ねで、より良いものづくりに挑戦しています。

arimasan-2
arimasan-3
arimasan-4
arimasan-5

JAきたみらいでは、厳密な品質管理基準と管理体制があり、私たち農家も良いものを作ればきちんと評価を受けられる環境が整っています。出荷時に良い評価を受けることは経営上非常に重要なことですが、食べ物をつくる者として、「食べてくれた人に美味しいと感じてもらいたい」という気持ちが根本にあります。
JAきたみらいにはたくさんの農家がいて、たくさんの農家が芋や小麦といった共通の品目の作物を作っています。産地のブランドを高めるという目標を持って、できる限り美味しくより良いものを生産し、地域全体で産地を盛り上げていきたいです。消費者の「美味しいね!」が耕作のモチベーションに繋がっています。
オホーツクの農業は本州に比べると大規模で、多くの作業が機械化されていますが、置戸特産のヤーコンの生産はまだまだ手作業が多くあります。手で土を盛って苗を植えたり、収穫も手作業で、他の品目よりも生産は大変ですが、地場産でもある特産物を守りたいという気持ちで今も生産しています。
また、JAきたみらいには生産品目毎に専門部会があり、個々の品目ごとに専門的な知識や技術を共有することができます。生産だけのことを考えれば、そのようなつながりだけでも十分な技術が得られるかもしれませんが、それだけではない横のつながりも重要です。
また、若手のグループの組織である青年部では、同じ地域で農業に向き合う同世代の仲間がいます。彼らと視察や勉強会、地域の催事や食育、農業の発信などに一緒に取り組み、共に想いを共有し絆を深めています。
この地域でこの先ずっと農業を続けていく仲間と切磋琢磨しながら、農業を通じて地域にも貢献できるよう、これからも一つ一つを大切に農業を続けていきます。

JAきたみらいの作物、ご購入はこちら

JAきたみらい概要

JA kitamirai

JAきたみらいは、北海道オホーツク管内の8地区
(温根湯・留辺蘂・置戸・訓子府・相内・上常呂・北見・端野)で構成されています。

〒090-0813 北海道北見市中ノ島町1丁目1-8
TEL:0157-32-8777(代表)
FAX:0157-32-8778

正組合員戸数 928戸
正組合員数 1,611人
准組合員数 6,087人
職員数 403人
出資金 4,844百万円
(※令和3年1月31日現在)